必要以上にメリットを伝えるとマイナスになる

出来る営業マンは、デメリットを強調する。

伸び悩んでいる営業マンは、メリットを強調する。



営業マンなら、お客様から良く思われたい、良い商品を提供したいと考えると思う。

これは悪いことではないが、必要以上にやると、逆効果になる場合がある。



この商品には、こんな特徴があって、こんな機能があって、値段もこんなにお得で、ほとんどの人が持っていて…

など、言われたどうだろうか?



売る側からしたら、良いことを言っているつもりかもしれないが、買う側からしたら、何か怪しいと感じる。

世の中には、必ずメリットとデメリットがある。

だからデメリットも伝えないといけない。



例えば、今持っているモノを変えるという作業だって、コスト面や買い換えるという精神的ストレス面でデメリットがある。

そのことも先に伝えておくべきだ。



良い営業マンは、極端なメリットよりも、極端なデメリットも強調する。

結局の所、モノが良くて買うよりも、ヒトが良いから買う要素が大きい。



だからこそ、買うなら誠実な人から買いたいと思うのは、自然の流れだ。

メリットとデメリットのバランスを意識して、お客様に伝えるようにすると、信頼を勝ち取れるようになるだろう。