キャッシュレス決済の支払い方式

キャッシュレス決済は、「支払いいつ発生するのか?」で3つの支払い方法に別れている。



1つ目は、前払い。

あらかじめ利用する分だけ金額をチャージして使うプリペイド方式になのことだ。

電子マネーなどが、このプリペイド方式に当てはまる。



現金をチャージして使うとても単純な仕組みになっているので、誰でも簡単に使える。

電車やバス、コンビニなどで使う人が多い。

数百万をチャージするより、数万円から数千円をチャージする人が多い傾向にある。



2つ目は即時払いだ。

決済したと同時に、即時銀行口座から利用分の金額が引き落とされる仕組みだ。

代表的なのはデビットカードだ。



感覚としては、現金のように使える。仕組みも利用ごとに引き落としが発生するので、現金のような感覚で使えます。

プリペイド方式のようにチャージの必要がなく、口座に直結しているため、高額決済も可能だ。



最後の3つ目は、後払いだ。

決済が完了してから、後日に支払いが発生する。

代表的なのは、クレジットカードだ。



決済時に口座残高が不足している場合でも、後日の引き落としのタイミングで入金が完了していれば問題なく支払うことができる。

また持っているカードの種類によってはそれがステータスになる。

決済金額は上記の2つよりも大きく、数百万円、数千万円と決済する人もいる。



時代は現金からキャッシュレスに移行しつつある。

どの支払い方法が今後伸びるのか?

または無くならないのか?

もしクレジットカードは無くならないと思うなら、こちらの事業も確認してみるみてほしい。

http://zubari.xyz/cashless-business-p/

ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンで、マイクロレンディング、ケソン、マラテ不動産経営 ◆日本では、決済プラットフォーム、デシダルサイネージ営業会社経営 ◆元シンガポールプロサッカー選手