アンチキャッシュレスだからこそわかるキャッシュレスの強さ

キャッシュレスの営業のおかげで、色々な出会いやスキル、収入アップをしたが、実はキャッシュレス事業に関わる前は、アンチキャッシュレスだった。



僕はキャッシュレス営業の他にも整体院経営もしているが、支払い方法は、キャッシュレス派より現金派だ。

店舗側からしたら、カード払いをすることで、手数料を取られるのは、イタい。

大きな金額を扱うサービスならいいが、数万円から数千円のサービスを取り扱う店舗なら、できるだけ手数料を取られたくない。



だから、

「そもそもキャッシュレスって何なんだ。」

「別に現金で支払えばいいことだろう。」

「一体誰が流行らせたのか?」

など、不満をかなり抱えていた。



しかしそれに反して、世の中はキャッシュレス化していった。

クレジットカードには、ポイントやマイルなどがつき、消費者がお得に感じる工夫がされている。

現金を持ち歩かないことで、「楽」や「便利」を感じ、今さら現金を持つメリットが無くなってきている。



そして、キャッシュレス化に拍車がかかるように、色々な業者が店舗で、クレジットカードや電子マネーが使えるインフラを整えていった。

こうなったら、現金派が勝つ可能性は限りなく低い。



周りからキャッシュレス化の仕組みを作られ、消費者もキャッシュレス化をすることで、メリットが出るような環境になってしえば、あとはそれが浸透するだけだ。

何が言いたいのかというと、キャッシュレス化は止まらないと言うこと。



キャッシュレス化が便利、不便利ではなく、キャッシュレス化をさせる仕組みをここまで世の中に仕掛けられると、どうにもならない。

だったらこの流れに歯向かうのではなく、受け入れて、この仕組みを利用する側に回るのが、賢い選択だ。



こう言った流れを経て、アンチキャッシュレスからキャッシュレス化を推奨する側に回ったと言う経緯がある。

店舗経営に携わっている人は、いつもクレジットカード会社業者に取られている決済手数料を自分のものにできるチャンスでもある。

もし手数料を自分の収入にしたいと思う方は、一度キャッシュレスの話を聞いてみる価値はあると思う。

http://zubari.xyz/cashless-business-p/