紹介は難しい

紹介をもらう事は簡単だと言う人がいますが、果たして簡単に紹介は貰えるものだろうか?

答えは、もちろんNOです。



営業の最終形態は、紹介だけで成り立つことですが、そこまでたどり着いている営業マンは少数だと思う。

紹介という行動は簡単だが、紹介を得るためには、緻密な計算が必要だ。



お客様から求められていないことをしていれば、紹介は出ない。

そもそも紹介営業だけで生きていくためには、頑張るポイントを変えないといけない。



まず一つ目は、人に紹介されるだけの魅力があるのか。

魅力がなければ、人に紹介はしない。



サービス内容の魅力と自分自身の魅力の両方が必要だろう。

魅力の無い人間から魅力の無いサービスを説明されるのは地獄だ。



またサービスに魅力があっても、魅力の無い人間から説明されると、サービスの魅力は霞む。

そう考えると、自分の魅力を高める事は、紹介営業では必須と言えるだろう。



スキルの部分では、問題定義の質問力、それを解決できる提案力、フォローする力などが求められる。

例えば、僕が営業している商材のキャッシュレスは、「晴れた日に傘を売る仕事」のようなものだ。



だから、お客様に気付いて頂く必要がある。

そのために、質問力が必須になる。



質問で出てきた問題を解決する提案力。

契約頂いた後のアフターフォローも必ず必要なスキルになる。



紹介は、お客様の自慢と言う言葉があるが、僕たちは日々お客様に自慢される存在になるように努力することが必要だ。

紹介営業を目指している人なら、絶対に意識した方がいいと思う。



僕はメンタルが弱いので、何十人にも会って、その内の1人が契約するスタイルの営業ができない。

営業するなら、3人と会って、3人契約してもらうスタイルの方が長くできる。



どっちのスタイルが良いとか悪いとかではなく、僕の場合は後者のスタイルが自分に合っていると思う。

まとめると、紹介営業をしたい場合は、頑張る視点やポイントを変える必要があると言うことだ。



お客様と長く付き合えて、紹介を出したいと考えている方は、キャッシュレスの内容を一度確認してみてほしい。

良い提案ができるヒントになるかもしれない。

http://zubari.xyz/cashless-business-p/