初回はトークを用意しない

紹介って凄く奥が深い。

紹介を貰うために、色々な工夫をしてきた。



自分のことを忘れられないように工夫をしたり、トーク内容を変えてみたり。

その中でも一番反応が良かったことは、初回からセールスしないことだ。



そもそも初回からセールスする方が無理がある。

なぜなら、お客様のことを何も知らないからだ。



事前準備はしていくが、お客様が求めていることを質問によって引き出し、悩みや不満を聴き出すことを意識している。

そして、それに対して、問題が解決できる提案をしていくイメージだ。



ヒアリングで、お客様自身が気付いていないところまで引き出せると、信頼は生まれると個人的には感じている。

昔よりも、セールストークテクニックは意識してない。



ただヒアリングの能力は昔よりは少しは成長していると思う。

簡単に言うと、お客様に私はあなたの味方ですと言う、意思が伝われば良い。



それがうまく伝われば、紹介が増えるのではないかと思う。

まとめると、紹介を増やしたい人は、テクニックよりもヒアリングやお客様の味方と言う意思が伝わるようなトレーニングをすることが大事だ。