お客様の聞く姿勢を作る

僕が商談をする時に意識していることは、お客様の聞く姿勢を作ることだ。

うまくいきやす商談や、やりやすい商談は、お客様が自分の話を聞いてくれる時が多いと思う。



では、その状況をどうやって作るのか?

それは、「お客様がその話を詳しく聞いてみたい」と思うまでは、本題に入らないことだ。



うまくいかない時の商談は、、自分のセールストークだけを意識している場合が多い。

お客様のことは、二の次になっている状態だ。



このような状態で、結果は出ない。

なぜなら、商談なのに、「お客様の存在」を無視して、自分の出来しか意識してないからだ。



「そりゃそうですよ」と思う方もいるが、

意外と自分の出来ばかり意識している営業マンは多い。



お客様が自分や商材に興味が出るまでは、お客様の価値観や距離を縮め、

タイミングが来たら、本題に入ると、やりやすい商談環境が作れるので、意識してやってみて欲しい。

ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンで、マイクロレンディング、ケソン、マラテ不動産経営 ◆日本では、決済プラットフォーム、デシダルサイネージ営業会社経営 ◆元シンガポールプロサッカー選手