やる気が出ない時は、「責任」と「使命」を意識する

仕事のモチベーションに波がある人は、「責任」と「使命」を意識するといい。



「責任」とは、自分以外の社会や他者との約束のこと。

責任感とは、他者から与えられた役割を果たす強い気持ちのこと。



つまり、責任を果たさなければ、他者や社会に迷惑をかけることになる。

迷惑をかけたくない、という気持ちは、責任に対する追い風となり、モチベーションになる。



「使命」とは、自分との約束のこと。

使命感とは、自分で決めた役割を果たす強い気持ち。



使命は自分との約束なので、約束を守らなかったとしても、迷惑を被るのは自分だけになる。

ちなみに使命を持たない人には、「思い」がない。



よく自分のためには動けないと言う人もいる。

それは間違っていない。



なぜなら、自分と約束しなければいいだけのことだから。

ただ、他者と約束(責任)したのなら、それを果たすことが、自分との約束(使命)になる。



他者と約束(責任)も、誰かに頼まれてからするのでは意味がない。

自分がしようと決めたから、やるわけだ。

しようと決めた決意が、使命だ。



ここら辺がわかっていないと、被害者意識が出て、モチベーションが落ちるので、

「責任」と「使命」を意識してみるといいかもしれない。



PS
今日は、東京で商談です。

楽しみです!ㅤㅤ

ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンで、マイクロレンディング、ケソン、マラテ不動産経営 ◆日本では、決済プラットフォーム、デシダルサイネージ営業会社経営 ◆元シンガポールプロサッカー選手