アポの質にこだわる

営業を始めてから、一番意識していることがある。

それは、アポイントの質だ。



営業を始めたばかりの頃は、アポイントをたくさん取ることを意識した。

しかし、それだとあまり成果が出ないことに気がついた。



同じアポでも、自分から無理やりとったアポもあれば、無理矢理紹介してもらったアポもあれば、紹介で相手も面談を望んでいるアポもある。

もちろん、成約率が高いのは、相手も望んでいるアポイントだ。



だからなるべく、『紹介で相手も望んでいるアポイント』を意識して取るようにしている。

『相手も望んでいるアポイント』を取るには、お客様に自分のファンになってもらう必要がある。



そうでないと、紹介は起きない。

紹介してくださいと言って、良い人を紹介されることは滅多にない。



それもそのはずである。

あなたを紹介したいと思わないからだ。
ㅤㅤ


まずは相手に紹介したいと思われるためには、何をすればいいだろうか?

セールステクニックを磨くことだろうか?



自分を成功者風に見せることだろうか?

答えは、人それぞれだが、頑張るところが間違っていなければ、永遠に見込み客発見に苦しむ。



どうすれば、良いアポが取れるのか?

どうすれば、良いアポに繋がる紹介が取れるのか?

を意識してみると良いと思う。



PS
今日は、埼玉でアポです。

相手も望んでいるアポイントなので、楽しくやっていきたいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンで、マイクロレンディング、ケソン、マラテ不動産経営 ◆日本では、決済プラットフォーム、デシダルサイネージ営業会社経営 ◆元シンガポールプロサッカー選手