心の声を聞く

人の心の声がわかれば、高確率で商談は成功する。

ただ多くの場合、お客様の心が読めない。



なぜ心の声が読めないのか?

そもそも心の声とは何なのか?



心の声とは、会話のことだ。

人が話す言葉が、「心の声」になる。



そうすると、お客様の話す言葉に対して、こちらの聞き方がだいぶ変わってくると思う。

お客様の話を聞かないということは、お客様の心の声を聞いていないのと同じだ。

自分のことばかり話す人も、お客様の心の声を聞いていないのと同じだ。



人は、話すことで、気分が良くなり心が軽くなる。

ということは、話すや会話には、相手の心が入っているということだ。



利益が絡むと、途端に人の会話を聞かなくなる人が多い。

お客様の声より、自分の声を優先している証拠だ。



だからそういう人は、商談がうまくない。

お客様の心の声を聞くことであなたの商談はもっとレベルアップすると思う。


PS
今日は秋葉原です。

最近はめちゃくちゃ暑いですが、気合で乗り切っていきましょう!ㅤ

ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンで、マイクロレンディング、ケソン、マラテ不動産経営 ◆日本では、決済プラットフォーム、デシダルサイネージ営業会社経営 ◆元シンガポールプロサッカー選手