相槌の質を高める

相槌はお客様との距離を縮める大切なツールだ。

意外と相槌を疎かにしている人が多い。



なぜ相槌を疎かにするのか?

それは、相槌をされる側に回ったことが無いからだ。



講演会やスピーチなどをしたことがある人はわかると思うが、

ステージに立つと、緊張や不安が押し寄せる。



その時に、自分の話を相槌をして、聞いてくれる人がいると、

「僕の話を真剣に聴いてくれている」

と認識して、安心感が出てくる。



相槌を打たないで真剣に聞く人もいるが、相槌をして聞いてくれた方が、

話す側からしたら、かなりやりやすい。



と言うことは、相手の話を聞く時は、相槌を打った方が相手は、

自分の話を聞いてくれているんだと認識すると言うことだ。



商談の時に、お客様のとの距離感が縮まらないと悩んでいる人は、

ぜひ相槌で自分とお客様の距離を縮めて、良い商談を行ってほしい。


PS
今日は大阪の友人とご飯に行きます。

お互いのビジネスの状況を話して、刺激を受けたいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンで、マイクロレンディング、ケソン、マラテ不動産経営 ◆日本では、決済プラットフォーム、デシダルサイネージ営業会社経営 ◆元シンガポールプロサッカー選手